· 

足柄山塊・矢倉岳

2/10(日)

登山口は、神奈川県足柄市矢倉沢公民館、風も無く日が差していたがまだ2月、身体に冷たさを感じ登山開始・・・酒匂川の支流・矢倉沢を渡る途中見つけたのが、建設会社の看板、金太郎の家来たちの絵(猪・フクロウ・タヌキ)・・・ちょっと気なった・・・

矢倉沢の集落を抜け、白山神社で参拝、旅の安全を祈り、登山道に入る。

茶畑・雑木林を登ると、待望の山頂へと出た。

目の前に横たわる金時山・箱根の山・相模湾に沿った街並み・江の島も見えたが、お目当ての富士が雲に隠れ見えない。

そして山頂で出会ったのが、山の麓に住む黒田さん、色々とこの山の事を話してくれました。

また、今回のお客さんが、バッジやパノラマ写真をいただき、山頂はおお賑わい・・・

その後、ドローンを飛ばし、矢倉岳上空から撮った動画をDVDにして、アーストレックに送ってくれました。実は、まだ忙しくて、お礼もしていません。やっと昨日、手紙と写真を黒田さん宛に出したところです。

どうもありがとうございました。

後日、ユーチューブにしてHPに出したいと思います。黒田さんは、小学校の頃、宇都宮に住んでいたそうです。誰か同級生がいませんか?

そして下山途中、木がボウボウと生えていたので首をかしげていたら、お客さんのHさんが、牛殺しと言ったので、え!そんな木があるのかな?っと後日(昨日)調べてみたら、本当にありました。謂れは、

牛の鼻木にしたり、鎌(カマ)刃物の柄に使ったりしていた木だそうで、そうとに固い木みたいです。

なんとも怖い名前の木でしたが、大変勉強になりました。そして箱根の関所へ・・・

関所からちょっと歩き、足柄峠の展望台で一休み・・・ここでも残ねがら黒い雲が、御殿場の街並みの上空を覆い富士が見えませんでした。

そして足柄古道(山道と舗装道路を並行して降りる)、東に坂を下り、バスの待つ地蔵堂へと

下山しました。 

※足柄古道:富士山がその昔噴火したときに、東海と関東を結び、

              使われた古の道です。