· 

能登半島と猿山

1日目は、石川県氷見市の雨晴海岸から能登半島の東部を北上し、

七尾・穴水・珠洲市の能登半島最北端の金剛崎へ富山湾を右手に車を走らせました。

 

金剛崎からは、日本海沿いに西に走り、垂水の滝・上時国邸宅跡・千枚田を散策

輪島で宿をとり、いつものように大酒をかっくらい就寝・・・

2日目は、目的の猿山登山・・・輪島市門前町深見登山口から、東京タワーと同じ標高の猿山を、海とユキワリソウを愛でながら登りました。

ここで珍しいのは、行者ニンニクの中に埋もれたユキワリソウが見られること・・・

昨晩降った雨に何となく花びらも疲れ気味に見えたが

山頂332.4mに着く頃には、青空も見え始め、花びらも全開に、開き始めました。

今年は、北側の斜面の花付が良いようです。御覧の通り山肌にびっしりとユキワリソウが・・・

一旦、娑婆峠へ下山・・・山の中腹を日本海沿いに西に進み、猿山灯台を見学・・・

道沿いに咲いてたスイセンやスミレの花も中々可愛いもんでした。

そして、一路、北関東へ・・・