· 

甲武信ヶ岳からの富士山

11月9日 長野県川上村の毛木平から、千曲川を遡り源流を経て、甲武信岳(2475m)の山頂に立った時には、すでに南部(山梨)方面は、ガスが立ち込め富士山の姿が見えなくなっていた。

北部(長野側)を望むと、埼玉県の最高峰・三宝山(2483m)の奥に、日本200名山・御座山(おぐらやま)が見えた。良かった””ホッ”そして山頂から15分ほど下り、今夜の宿泊の宿、甲武信小屋へ・・・

小屋からでる煙が、我々を出迎えてくれた。そして徳さんとの今昔談義をしながら夜は更けていった。

そして翌朝・・・待ちに待った青い富士山が顔を出してくれた。”やったぜ!ベイビー!”

富士山との距離60km・・・

そして甲武信小屋を後に、もう一度、山頂へ・・・

何度も何度も富士山を振り返りながら、三宝山へと向かい、最後に甲武信岳と富士山を一緒に三宝山から望む・・・

尻岩・武信白岳山・360°パノラマの大山を越えて、十文字小屋を目指す。

十文字小屋では、名物の山菜(きのこ)うどんを食し、展望台まで足を伸ばす。

そして下山・・・金峰・瑞牆山組とお風呂で合流・・・お疲れ様でした。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    案山子 (金曜日, 06 12月 2019 16:36)

    この翌日、甲武信岳には初雪が降り、山全体が真っ白になったそうな・・・